Home   Site Map
オートメーションの可能性を広げる
ネットワーク技術


日本プロフィバス協会 
PROFIBUS/PROFINETとは  News/Event  技術資料  アプリケーション   サポート   協会について   よくある質問

製品開発


製品開発手順    認証試験 (PROFIBUS,  PROFINET)

日本でのPROFIBUS機器 認証試験について

1.        目的

PROFIBUS(プロフィバス)機器の認証試験の目的は、IEC規格及びPI(PROFIBUS & PROFINET International)仕様に準拠したPROFIBUS製品の信頼性を向上させることです。この試験を実施することにより、PROFIBUS製品のユーザーが、規格に適合して設計された異なるメーカーの装置を何の問題もなく安心して使用することができることを目指します。

2.        試験対象機器

PROFIBUS DP スレーブ機器   DP−V0およびDP-V1機能対応

3.        試験場所

東京都品川区東五反田3-1-6
ウエストワールドビル 4階
NPO法人 日本プロフィバス協会 東京テスト・ラボラトリー
電話:03-6450-3739

4.        試験内容

試験は、PITL(PIテスト・ラボ)の運営に関する指針、およびPITLテスト・ラボの内部規定に従い、日本プロフィバス協会 東京テスト・ラボラトリーにて実施されます。試験は、本テスト・ラボの責任者によりこの試験のために指名され、十分なトレーニングを受けたスタッフが実施します。

試験項目としては、以下の項目を実施します。
(1)        ハードウェアテスト
(2)        バス伝送テスト
(3)        機能テスト
(4)        相互接続性テスト

5.        試験費用

基本費用 (以下の費用に消費税が加算されます)             
  DP-V0スレーブ機器試験     
45万
(プロフィバス協会会員に対して)
                (基本試験日数 3日)     65万
(プロフィバス協会非会員に対して)

  DP-V1スレーブ機器試験はDP-V0スレーブ機器試験に以下の費用が加算されませす
     1. MS2通信試験(必須)   15万円(プロフィバス協会会員に対して)
                    (基本試験日数 1日) 22
万円(プロフィバス協会非会員に対して)

     2. I&M機能試験(必須)     7万5000円(プロフィバス協会会員に対して)
                    (基本試験日数 半日) 11
万円(プロフィバス協会非会員に対して)

     3. MS1通信試験(オプション) 7万5000円(プロフィバス協会会員に対して)
                   (基本試験日数 半日) 11
万円(プロフィバス協会非会員に対して)

     4. アラーム機能試験(オプション) 15万円(プロフィバス協会会員に対して)
                     (基本試験日数 1日)   22
万円(プロフィバス協会非会員に対して)

追加日数請求    1日あたり12万円(プロフィバス協会会員に対して)
                            1
日あたり18万円(プロフィバス協会非会員に対して)

1:上記の基本費用には試験と試験報告が含まれます。(試験機器の輸送費用は申請者が負担します)
2:基本試験日数を超えた工数がかかる場合には追加日数請求が適用されます。
3:一度、試験に不合格になった機器の再テスト費用は事前打合せとなります。

6.        申請手続き お問い合わせについて

認証試験のため、試験機器のほかに以下の情報をご用意ください。

-   試験機器の一般的説明
-   試験機器の機能を理解するために必要な説明;
-   クラス1のスレーブおよびマスターに関して:DIN E 19245 Part3に準拠したデバイス・マスター・ファイル(GSDファイル)、ならびにPNO指定のID番号が記載された書類のコピー
-   試験機器の正確な型名、ハードウェア、ファームウェア、およびソフトウェアのリリース・バージョン

テスト申請の際は、日本プロフィバス協会に申請用紙を請求してください。申請書をお送りします。また、その他のお問い合わせも以下にお願いします。

       日本プロフィバス協会
         担当:元吉 
tel. 03-6450-3739
                  E-mail: info@profibus.jp


  7.        事前テスト(オプション)について

認証試験を実施する前に、ご希望により事前テストをすることができます。
事前テストは認証試験の1部を実施しますので、製品の完成度をある程度把握することができます。
-  認証試験の経験がなく、初めてのテストの場合
-  間違いやすい試験項目をあらかじめチェックして、認証試験に臨みたい場合
などにご利用できます。
事前テストは、1日で行います。
価格は 15万円(+消費税)  (プロフィバス協会会員に対して)
      22万円(+消費税) (プロフィバス協会非会員に対して)
となります。

改訂  2015年6月2日   電気安全・EMCの宣言書を削除